現金化ガイドブック。アマゾンギフト券現金化の危険性

「キャッシュチェンジ」へのお問い合わせはお気軽にご相談下さい

ホーム » 現金化ガイドブック » アマゾンギフト券現金化の危険性

クレジットカード現金化ガイドブック

アマゾンギフト券現金化の危険性

「アマゾンギフトの現金化やってますか?」最近、このような質問を数多く頂きます。

キャッシュチェンジではアマゾンギフトの取り扱いは一切行っていません。こちらでは、アマゾンギフトを使った現金化の危険性について解説していきます。

アマゾンギフト券を利用した現金化の特徴として『買取り率の高さ』が第一にあります。

現金化を希望する利用者がアマゾンギフト券を購入する場合、決済手数料はアマゾン側の負担となる為、現金化業者も支払い経費を抑えられることから必然的に換金率を高くすることができるようです。

それではなぜ危険性があるのでしょうか?

まず、アマゾンギフト自体がクレジットカード会社が問題視している『換金性の高い商品』として認識してることが挙げられます。

以前は、換金性の高い商品として『新幹線のチケット』や『金券類』が主流でした。

これにより自己破産を目的にした人の利用増加や支払い能力のない人の利用増加からクレジットカード会社が問題視するようになり、現在ではクレジットカードで新幹線のチケットや金券類の購入をできないようにしたり、一括払いしか受け付けなかったりといった対応を取ってきました。

その為、新幹線のチケットを使った現金化は大幅に減少したのですが、現在ではこの「アマゾンギフト」をクレジットカード会社が問題視してるのです。

アマゾンギフト券自体、流通して間もないこともあり今のところどのクレジットカード会社も利用制限はかけていないようですが、購入後クレジットカード会社から問合せがあった人は少なくないようです。

問合せがあった場合、クレジットカード会社からアマゾンギフト券の購入目的等を細かく質問されます。

前述の通り、換金性の高い商品を購入し転売する行為は全てのクレジットカード会社が問題視してる為、転売と判断された場合は重いペナルティを科せられてしまいます。

問合せの有無については、それぞれのクレジットカード会社の規定に沿って利用者へ連絡を取ってるようで、連絡がない場合もあります。

実際、キャッシュチェンジへお問合せを頂いたお客様で数か月前に利用したけど、特に問題はなかったという方もいらっしゃいました。

しかし、アマゾンギフト券の買取りを何度も利用したり、大量にギフト券を購入することによって危険性がさらに高まるのは間違いないようです。

次に、悪徳業者が増えていることが挙げられます。

アマゾンギフト券の取り扱い業者に申込みをすると、アマゾンギフト券を購入して指定アドレスへギフト券番号を送信するよう説明されるようですが、送信後に聞いた買取り金額が初めに聞いていた金額と大幅に開きがあることがあります。

この場合、キャンセルを希望してもキャンセルができないと言う業者もあれば、キャンセルを受け付ける業者もあるようですが、キャンセルを受け付けてもらったとしてもアマゾンギフト券の購入自体はキャンセルができない為、仕方なく業者を利用せざるおえないようです。

もちろん、健全な営業をしている業者もありますが、利用してからではないと判断できない部分もあるので目先の買取り率ばかりに気を取られないよう注意が必要でしょう。

以上のことからキャッシュチェンジではアマゾンギフト券の取り扱いは行っておらず、現金化の方法としてもオススメできるものではないと言えます。

戻る
お申込み