現金化ガイドブック。現金化の違法性について

「キャッシュチェンジ」へのお問い合わせはお気軽にご相談下さい

ホーム » 現金化ガイドブック » 現金化の違法性について

クレジットカード現金化ガイドブック

現金化の違法性について

「現金化利用したいけど…違法なんですよね?」

キャッシュチェンジのご利用をご検討頂いてるお客様からよくご質問頂きますので、現金化の違法性についてご説明致します。

結論から言うと、クレジットカード現金化は違法ではありません。

法律上の話しをする前に、インターネット上で調べると当サイト以外にも、数多くの現金化業者を見つけることができると思います。

違法であれば、インターネット上で堂々と「クレジットカード現金化」や「ショッピング枠現金化」などとハッキリと表示することはできないのではないでしょうか?

さらに都心部の駅近くなどでは現金化の看板も頻繁に見かけます。

次に法律上では本当に規制されていないのでしょうか?

実際に現金化業者が逮捕された事例もあります。その時の罪状は「出資法違反」というものでした。要するにショッピング枠を使って現金を取得する行為が 現金を借りている行為と変わらず、その際の手数料が実際の利息とみなされ、その利息が法定金利を上回っているとのことでした。

その上、貸金業者ではないとの認識で営業していた為、貸金業業者登録も行っておらず、無認可営業とみなされてしまいました。

その時に明らかになったのが現金化業者が扱っている「商品」です。

数万円〜数十万円でクレジット決済しているにも関わらず、逮捕された業者が取り扱っていた商品が「購入した値段分の価値がないもの(おはじきやビー玉等)」でした。

その為「貸付けと変わらない」と判断されたようです。

また、クレジットカードには必ず「利用規約」というものがあります。

多くの方が利用規約をご存じないようですが、クレジットカードを所有しているということはその規約に同意していることになります。

利用規約については発行元のクレジットカード会社により若干異なってはいますが、どのクレジットカード会社でも共通して「換金目的での利用」を禁止しています。

規約に違反した場合は次の措置をとる可能性があります。

■クレジットカードの利用停止

■利用額の一括請求

■クレジットカードの強制解約

このような措置を取られない為にも、価値の無い商品を購入しての現金化はオススメできません。

以上のことから、現金化サービス自体に違法性は無いものの、規約違反に該当するサービスであることは事前に認識しておく必要があるでしょう。

戻る
お申込み