iTunesカードの種類について|タイプによってiTunesカード買取に影響ある?

itunesカードの種類

iTunesカードには、カードタイプとEメールタイプの2種類があります。クレジットカード現金化などのためにiTunesギフト券を購入するのなら、手軽に発行できるEメールタイプがおすすめです。

この記事では、iTunesカードの種類や金額、発行方法、買取時の注意点などの情報をまとめておりますので、ギフト券売買の参考にしていただければ幸いです。

iTunesカードの種類や違いとは?

iTunesカードは、カードタイプとEメールタイプの2種類に分けられます。コンビニ等で購入できるのがカードタイプ、AppleのECサイトで購入できるのがEメールタイプです。

それぞれ、詳しく解説します。

カードタイプの特徴

カードタイプのiTunesコードは、日本全国のコンビニで購入することができます。

iTunesコードは更に「額面固定タイプ」「バリアブルタイプ」に分けられ、額面固定タイプは1500円、3,000円、5,000円、10,000円の4つの中から金額を選択することになります。

それに対しバリアブルタイプは1円単位(1,500円~50,000円)で自由に金額を設定することが可能です。

バリアブルタイプは「欲しい分だけ買える」という点では便利なのですが、売却用としてはあまりおすすめできません。

半端な額面のギフト券には中々買い手がつかないため、買取率が下がってしまったり、買取自体を断られてしまったりする可能性があるのです。

加えて、少額のギフト券も買取不可となるケースもありますから、売却用のギフト券を購入するのなら、

①10,000円の額面固定タイプを購入する
②バリアブルタイプで端数なしの金額(10,000円以上)を指定し、購入する

この2つのどちらかを選択するのが良いでしょう。ただし、カード1枚の額面が高すぎる場合にも買取を断られる可能性がありますので、バリアブルタイプを購入する場合には注意が必要です。

ある程度まとまった額の現金化を行う場合には、10,000円の額面固定タイプを複数枚購入するのが無難でしょう。

Eメールタイプの特徴

Eメールタイプのギフト券は、Apple公式ストアで購入することができます。

文字通りコードがメールで送られてくるタイプのギフト券で、店頭に行かずとも購入・発行が可能であるというのがEメールタイプの特徴です。買取サイトへの売却用としては、Eメールタイプの方が優れていると言えるでしょう。

Eメールタイプも額面固定とバリアブルの2種類に分けられますが、額面固定タイプは3,000円、5,000円、10,000円の3種類のみ。

ただしバリアブルタイプを選択すれば、1,000円~50,000円の間で自由に金額を指定することが可能です。

先ほど述べた通り、中途半端な金額のギフト券は買取率が下がったり、買取不可となったりする可能性がありますから、バリアブルタイプを購入する場合には、10,000円、20,000円というふうに、キリの良い数字を選択した方が良いでしょう。

iTunesカードをコンビニで購入する方法

iTunesカードをコンビニで購入する場合には、iTunesのPOSAカードをレジへ持っていき、会計を行ってください。「App Store & iTunes」と書かれた青色のカードです。

POSAカードの右上には数字が記載されていますが、それがそのカードの金額となります。たとえば「1500」と書かれている場合には、そのカードは額面固定タイプ1,500円分ということです。

それに対しバリアブルタイプは、カードの右上に「1500~50,000」と記載されており、レジで金額を伝えることになります。購入前に必ず確認するようにしてください。

EメールタイプのiTunesカードを購入する方法

Eメールタイプを購入したい方は、「Apple iTunesカード」と検索し、公式サイト(Apple Gift Card)にアクセスしてください。

Apple Gift Cardのサイトを開くとページ右上に「購入」と書かれた青いマークが表示されますので、そちらをクリックし、次のページで金額等の必要事項を選択・入力します。

額面固定タイプが欲しい方は、3,000円、5,000円、10,000円の3つの中から好きな金額を選択。バリアブルタイプをご希望の方は、「その他の金額」をクリックし、1,000円~50,000円の間で、任意の数字を入力してください。

購入手続きが完了すると、入力したメールアドレスにiTunesコードが届きます。売却用として購入した場合には、コードをアカウントに登録しないよう注意してください。

iTunesカード売買の注意点!購入時のレシートが必要?

ギフト買取サイトでiTunesカードを売る際、レシートの提出を求められることがあります。特にカードタイプの場合は、レシート提出が必要になるケースが多いので注意が必要です。

正規に購入したギフト券であることを証明できるよう、購入時のレシートは必ず取っておくようにしましょう。

Eメールタイプの場合、レシートの提出を求められるケースは少ないのですが、絶対にないとは言い切れません。決済完了時に届いたメールや、購入手続き完了画面のスクリーンショット等を念のため保存しておいた方が良いでしょう。

なお、使用済みのギフト券や、不正に取得したギフト券を売ることはできません。未使用のギフト券をご用意ください。

iTunesカードの種類やそれぞれの購入・買取方法まとめ

以上、iTunesカードの種類等をご紹介いたしました。iTunesカードにはカードタイプとEメールタイプの2種類があり、買取サイトへの売却用として購入するなら、手軽に発行できるEメールタイプがおすすめです。

EメールタイプはApple公式サイトで購入することができます。ネットで「Apple iTunesカード」と検索し、サイトにアクセスしてみましょう。

以上、「iTunesカードの種類について|タイプによってiTunesカード買取に影響ある?」でした。