クレジットカード現金化で最低限必要なものとは?不要な書類もある!?

【初めての人必見】ショッピング枠を現金化する際に最低限必要なものとは?

何かしらの理由から、お金がなくてクレジットカードのショッピング枠現金化したいと考えることはありませんか?

恐らく、こちらのページをご覧いただいているあなたは、その方法や手順を知りたいと考えているのではないでしょうか。

そんな方のために、こちらでクレジットカードのショッピング枠を現金化する際に必要な物をご紹介します。

業者によって多少の違いはありますが、基本的に提出を求められる物に違いはありませんので、ぜひ参考にしてみてください。

クレジットカードを使わず即日現金化したい方はこちらの記事もご覧ください。現金化即日なら後払い/ツケ払い!金融ブラックでもすぐに現金を手にする方法

クレジットカードの現金化に必要なもの一覧

クレジットカード現金化で必要なもの
クレジットカード現金化で必要なものは

基本的にどの業者でも必要になる物と、現金化をする方法によって必要となる物が異なるケースが考えられます。

なので、自分がどの方法でクレジットカードを現金化したいのかも考えておきましょう。

身分証明書は必須

何よりも大切な物ですが、必ず身分証明書の提出は求められます。
運転免許証が身近ですが、お持ちでない方は下記の身分証を提示しても問題ありません。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 年金手帳
  • マイナンバーカード
  • 外国人の場合は「在留カード」

ネット上で簡単に現金化できるよう、様々な業者が買取営業を行っていますが、ネット上でも店頭でもクレジットカードの現金化をする際には身分証明書が必要になると考えたほうが良いでしょう。

また、身分証明書はネット上で取引をする場合、表面と裏面双方の写真が必要となるケースが多く見受けられます。

身分証がない、もしくはすぐに写真が用意できないという方は利用できない傾向にありますので注意が必要です。

振り込み用銀行口座

店頭や人づてに直接クレジットカードの現金化をするのなら、お金も手渡しになるケースが多くなりますが、ネット上で手続きする場合には振り込み用の銀行口座も必要です。

銀行口座を持っていない成人の方はそうそういらっしゃらないイメージがありますが、もし所有していない場合には銀行窓口で即日開設できますので用意しておきましょう。

電話番号やメールアドレス

電話番号やメールアドレスは、身分証明書と併せて本人確認のために求められる傾向にあります。

ネット上でクレジットカードの現金化手続きを済ませる場合、登録した番号やアドレスに一度連絡が来て、その後実際に現金化する手順を進める形になるのではないでしょうか。

クレジットカードは当然必要

当然ではありますが、クレジットカードも手元に用意しておく必要があります。

中には「今手元にクレジットカードがないけど、情報は照会できるから現金化したい」という方もいらっしゃるかもしれませんが、本人のクレジットカードなのかどうかを判断するのが難しく、トラブルが発生する可能性があるため、業者の方は敬遠するのではないでしょうか。

必ず現金化したいクレジットカードは手元に用意した上で、業者とのやり取りを進めましょう。

業者によっては追加で必要になるものもある

真正面を見ている女性

上記でご紹介いたしました内容は、恐らくどの業者を利用しても提出や提示を求められる必要書類と言えるでしょう。

対照的に、業者によっては追加で必要書類の提示を求められるケースも考えられます。

自身が利用したいと考えている業者が、必要書類が足りずに利用できなかったという事態に陥らないためにも、それらの書類も用意しておくと安心できるのではないでしょうか。

以下、もし必要になっても良いように備えておいてください。

顔写真が必要な業者もある

クレジットカードのショッピング利用枠を使い、Amazonギフト券を購入して現金化を図る方も多いと思いますが、Amazonギフト券買取業者に顔写真の提示を求められるケースがあります。

顔写真単体の提出であるケースもあれば、身分証と併せて自身の顔を一枚の写真に収めるよう指示してくることもありますので、身分証だけの写真と、自身の顔も映した写真の両方を用意しておくと万全ではないでしょうか。

すべての業者で求められることではありませんが、業者側もトラブルが起こらないように徹底した姿勢を示してくれます。

その分、利用する人からすれば安心感が増す特徴がありますので、もし求められた際には顔写真も添えて提出しましょう。

ギフト券・航空券・チケット・金券etc.

クレジットカードの現金化をする方法は、基本的にその利用枠を使って一度、何かしらの商品を購入するところから始まります。

その商品を業者に買い取ってもらい、現金を手にすることからクレジットカードの現金化と言われているのです。

つまり、クレジットカードだけを用意するのではなく、クレジットカードと併せて何かしらの金券やチケットが必要になるでしょう。

どのような物を購入して業者に買い取ってもらうのかは本人の好みや、買取率の高さによって異なる傾向にありますが、クレジットカードだけを所有していてもショッピング利用枠を現金化してくれるわけではないと考えるべきです。

手順や方法も備えた上で、もっとも買取率の高い業者を選んでみてください。

これはいらない!必要のない書類の提出には注意

「いらない」と言っている女性

これから紹介する書類は提出する必要のない書類です。これらの提出を求めてくる業者には十分注意しましょう。

注意
  • 職場の情報や給料明細
  • 保証人といった本人とは関係のない情報
  • 銀行口座の印鑑

これらはクレジットカードを現金化する際に必要のない情報です。それでは詳しく解説していきます。

職場の情報や給料明細

現金化業者への支払いはカード会社から行われるため、職場の情報や給料明細などの収入を証明するものは提出する必要はありません。

悪質な現金化業者であった場合、これらの情報を闇金業者に横流しするといったことも考えられますので、提出を求められた場合は利用を避けましょう。

保証人といった本人とは関係のない情報

上記でも解説した通り、クレジットカード現金化はショッピング枠を利用した現金調達方法です。
融資ではないので保証人を立てる必要もありません。

銀行印などの写し

現金化業者は利用者の口座に現金を振り込むだけです。
振込みに印鑑は必要ありません。

もちろん、ネットで完結するためこういったことはめったにありませんが、中には書類を郵送し印鑑を求めてくる業者もいるようなので注意しましょう。

クレジットカード現金化の際に必要なものは意外に少ない

OKマークで笑顔の女性

クレジットカードの現金化に必要な書類と、対照的に不要な書類までご紹介しましたが、初めて現金化する時には緊張する方も多いのではないでしょうか。

しかし、実際に行ってみると予想以上にスムーズに手続きが進み、簡単に終わる印象を覚えるでしょう。

それほどまでにクレジットカードの現金化は多くの方に親しまれていますし、利用者は多いと言えます。

必要以上に構えることなく、必要書類を揃えて気軽に現金化の手続きを進めてみてください。

以上、「クレジットカード現金化で最低限必要なものとは?不要な書類もある!?」でした。