現金化と闇金の違い|この2つには法的な面で圧倒的な差がある

クレカ現金化と闇金の違い|この2つには法的な面で圧倒的な差がある

お金に困った状況が発生した時、クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法があります。

ショッピング枠が多く残されている方にとって、相応のお金を現金化してもらえるので、お金に困った状況を乗り越えられます。

現在は多くの人がクレジットカードのショッピング枠を利用しており、お金の問題が発生した時も回避しています。

しかし人によってはクレジットカード現金化と闇金の違いについて、把握していない場合もあります。

そこでクレジットカード現金化と闇金には、どのような違いが発生しているのか分かりやすく説明していきます。

その他にもクレジットカード現金化ではなく、闇金を利用した時、どのようなトラブルに巻き込まれやすくなるのか紹介します。

クレジットカード現金化は融資とは違うというのがポイント

クレジットカードの受け渡しをしている2人の男性

クレジットカード現金化と融資を同じように考えてしまう方もいるのですが実際には、大きく異なっています。

クレジットカード現金化は、クレジットカードに設定されているショッピング枠を使用して、現金化をする手続きなので利息は基本発生していないです。

しかし融資は消費者金融もしくは銀行から融資してもらうので、一定の利率が定められています。

一括でクレジットカード現金化したお金を支払えば、利息はゼロの状態でお金を返済することが可能です。

融資の場合、一日でもお金を借りてしまうとその分利息が発生するので、借りた分に加えて利息分のお金を支払わなくてはいけないです。

短い期間でお金を返すことができる方は、融資よりも圧倒的にクレジットカード現金化の方がお得にお金を準備できます。

クレジットカード現金化したお金をリボ払いした時は利息が発生

クレジットカード現金化をした時、リボ払いを選択した方は利息が発生するので注意しないといけません。

特に長期間リボ払いで、クレジットカード現金化した時のお金を返済しなくてはいけない場合、相応の利息分を支払う可能性が出てきます。

そこでポイントは二つ存在しており、一つ目はリボ払いではなく、一括で支払う方法を選択してしまえば、利息分は発生しないので安心です。

二つ目はリボ払いの金利が低く設定されているクレジットカードを選択することで、少しでも利息として支払うお金を節約可能です。

クレジットカード現金化でリボ払いを検討している方は、このような注意点があるので気を付けないといけません。

ショッピング枠の主な支払方法(一括払い・分割払い・リボ払い)を解説!ショッピング枠の主な支払方法(一括払い・分割払い・リボ払い)を解説!

闇金の融資は法外な利率に設定されているのが一般的

闇金の融資は、一般的な消費者金融と比較しても法外な利率に定められています。

現在は利息制限法によって、上限20%に定められているのですが闇金はそれを守っていないです。

数百%の金利に定められていることが多いので、一度でもお金を借りてしまうと何時まで経っても利息によって完済を目指せない状況が発生します。

また返済日に関しても、一週間に一回もしくは十日ごとに一回など常に返済させるようにしているのが特徴です。

法外な金利を定めることで、闇金は安定した利益を確保しており、経営できています。

クレジットカード現金化は、リボ払いを選択した場合でも法外な金利に定められていないので、少しずつお金を返済することが可能です。

スタッフの対応には大きな違いがある

案内をしている女性スタッフ

スタッフの対応に大きな違いが発生しているのが、クレジットカード現金化業者と闇金業者の違いになります。

対応に違いが発生している要因として、クレジットカード現金化業者と闇金業者では、お客の考え方が全然違っています。

基本的にクレジットカード現金化業者は、一度だけの利用ではなく、何度でも利用してもらえるように考えています。

そこで多くのリピーターを確保できるように対応しており、好印象を与えられるように努力しています。

しかし闇金は一度でも利用してもらえば、後は法外な金利によっていくらでも利益を生み出せます。

お客に対する考え方が大きく違っているので、クレジットカード現金化業者と闇金業者では、対応に大きな異なりが発生しています。

丁寧な対応をしてくれるのがクレジットカード現金化業者の特徴

安心して利用してもらうことができるように丁寧な対応をしてくれるのがクレジットカード現金化業者の特徴です。

業者によっては、丁寧な対応を実施する女性スタッフが在籍しており、男性だけではなく女性も安心して利用できるように環境が整えられています。

クレジットカード現金化に発生する手数料を細かく説明したり、現在の換金率がいくつに定められているのか丁寧に教えてくれます。

その他にもクレジットカード現金化手続きが何時終了するのか教えてくれる場合もあるので、心強い存在として頼ることができます。

最初は丁寧な対応で後は威圧的な態度の闇金

何としても利用してもらいたいという気持ちが強いので、最初だけ丁寧な対応をするのが闇金です。

その後は対応がいい加減になり、遅延や滞納を繰り返し発生している方は、威圧的な態度を取るケースも少なくありません。

質問や問い合わせをしようとした時も急に電話番号が変更したり、何時まで経っても連絡が取れないという状況が闇金には発生しやすいです。

このように分かりやすい対応の違いが発生しているので、闇金よりもクレジットカード現金化業者の方が安心して利用できます。

クレジットカードと闇金で取り立ての方法が違う

トンネルで椅子に座りながら待つ取り立て屋さん

もしも、クレジットカード、もしくは闇金を利用して滞納してしまった場合、取り立てに関しても大きな違いが発生しています。

基本的にクレジットカードの場合は、法律に沿って取り立てを実施していき、できる限り精神的な負担を与えないのが特徴です。

しかし闇金は法律を無視して、取り立てを実施してくるので精神的な負担が大きくなってきます。

状況によっては今後の人生に悪い影響を与えてしまう可能性もあるので、闇金の利用は避けないといけないです。

そこでクレジットカードと闇金で、取り立てにどのような違いが発生しているのか説明していきます。

また闇金から取り立てを受けた時、どのようなトラブルに繋がりやすいのか紹介します。

クレジットカード現金化の場合は電話やハガキによる催促が一般的

クレジットカードのお金を滞納してしまった場合、ショッピング枠の利用分を滞納しているということなので、クレジット会社から連絡がきます。

電話もしくはハガキによる催促を促すケースがほとんどです。

残高の不足による滞納が発生した時、電話もしくはハガキで連絡していき、返済してもらえるように促してきます。

返済期間も割と長めに設定されるので、そこまで心身にストレスを感じることは少ないと思います。

しかし、滞納が続いた場合は、書面で裁判で訴えられる可能性があるのでそのような状況になる前にお金を返すことが大切です。

闇金は強引な取り立てが一般的

闇金は法律を基本的に守らないので、滞納した時は強引な取り立てを実施してきます。

自宅に訪れてお金を返済するように強要したり、酷い場合は家族や知人が返済に巻き込まれる可能性も出てきます。

また時間帯に関係なく、取り立てを実施する可能性があるので、心身ともに大きく疲弊してしまう場合も少なくありません。

これが、クレジットカード現金化と闇金で異なっている取り立ての実態になります。

もしも闇金を利用してしまい、強引な取り立てに悩んでいる方は弁護士に相談することで、闇金は強引な取り立てを行うことができなくなります。

ここで、現金化業者や一般的な金融機関と闇金業者の代表的な違いを比較してみましょう。

現金化業者 銀行 消費者金融 闇金
金利 なし(カード会社に返済のため) 3%~10% 7%~18% 40%~80%
振込スピード 即日 1週間~2週間前後 即日~3日以内 即日
返済期間 カード会社による 1年~10年 ~5年 1週間~10日
特徴 クレジットカードを現金化する。審査なし、金利なし 金利が低い。要審査 銀行より金利が高い。要審査 暴利。基本非合法。審査なし

他業者とは明らかに異質を放っているのがわかりますよね。

闇金の融資から返済までの流れ

闇金の融資から返済までの流れ
絶対に利用してはいけない闇金。どれほど恐ろしい違法業者なのか、融資から返済までの流れを解説していきます。

信用を得るための小口融資

闇金業者の特徴として、チラシやDMでは「即日50万~可能」「30万円までなら無審査」などと謳っていますが、初回の融資額はほとんどが1万円~3万円前後の小口融資です。

「まずは信用を得るため」というのが闇金業者の口実ですが、これは全くのデタラメで、もともと大口の融資をする気はさらさらありません。相手が返済できないとわかっているからです。

あえて小口で融資を行い、30%、40%、時には60%といった暴利を請求してきます。返済期限は1週間から10日。

仮に10日で利息30%、3万円借りたとしましょう。10日後の返済には利息も合わせて約4万円の返済が待っています。恐ろしいですよね。

返済当日に電話連絡

返済当日。

「今日返済期日なんで、15時までに利息合わせて○○万円振り込んでください」

といった感じで、返済の連絡が来ます。返済が難しい旨を伝えると、「約束が違う。利息だけでも必ず振り込んでくれ」といった脅しを受けます。

これが、利息だけを延々に回収し続ける闇金業者の王道手口です。このループにハマってしまうと、法外利息だけ払い続けて大変な事になるのです。

取り立ての電話が鳴り続ける

1日でも返済期日を過ぎると、鬼のような取り立ての電話が何度もかかってきます。そこには融資した時の面影は一切なく、容赦ない脅しで取り立ててきます。

これは精神的にかなりきついというのが想像できるでしょう。利息分を回収するまで、毎日何回も電話はかかってきます。

現金化と闇金の違いについてまとめ

いかがでしたでしょうか。クレジットカード現金化は借金をしているわけではなく、且つ安全な取引が出来るので、利用しても何も問題ありません。

間違っても、闇金には手を出さないようにしましょう。

以上、「現金化と闇金の違い|この2つには法的な面で圧倒的な差がある」でした。